法人印

| コメント(0) | トラックバック(0)
法人印ってなかなか一般の方には馴染みのある言葉ではないと思います。
私自身のそうそう見る機会はありません。

逆に、会社代表の方や契約業務や支払い管理等の業務にかかわっている方であれば、かなり身近な存在となると思います。
法人印の代表的な印鑑の1つに会社代表印があります。

会社代表印とは、ちょっと大きなサイズの印鑑で、細かな字で色々と書いてあって初めてみた方であれば、
何を示しているのかが、わからないのではないかと思いますが、よくよく見てみると周辺には会社名。

中には会社代表者の氏名が記載されています。
もし、今度見る機会がありましたら、確認してみて下さい。

印鑑

| コメント(0) | トラックバック(0)
会社を起業した際に必要なものの1つに印鑑があります。

会社で使用する印鑑の事を一般的に法人印といいます。
この法人印は、会社代表印、会社銀行印、角印の3本が代表的なものとなり、それぞれ、個人でいう実印、銀行印、認印の役割をしています。


その他にも、会社で使用する印鑑は多種類に渡します。


どんな印鑑かというと会社住所や電話番号等が分かれているゴム印や契約書等で使用する割印等になります。何の買い物に関してもそうですが、数を多く注文すると安価で購入できます。


もし、これから企業をお考えの方がいましたら、まとめて注文する事をお勧めします。
色んなサービスがあると思いますよ。

計画的に

| コメント(0) | トラックバック(0)

企業をお考えの皆さん、企業に必要なツールって何だと思いますか。

事務所?法人印?事務員?封筒?もちろん、これらも必要となってきます。
特に、法人印に関しては、会社として、1番初めの仕事でもある開業届の際に必要となりますので、早期に準備が必要となります。

今回は、それらのツールの他に必要なお金についてのお話をしたいと思います。業の際には、ご自身の会社において扱う月の金額の最低でも半年分は用意するようにしましょう。

なぜなら、支出からお金が実際に入ってくるまでのサイクルには最低2ヶ月かかりますし、手形等の場合には、もっと期間がかかります。

これらを考慮した計画をしっかりと立てましょう。

角印の秘密

| コメント(0) | トラックバック(0)
会社企業時に、必要な印鑑として法人印3点セットと言われる印鑑があります。

それは、個人の実印にあたる会社代表印、会社の銀行に使用する会社銀行印、請求書や見積書に使用する角印の3本となります。

これら3本の使用目的から、各印鑑はとても重要なものに思いますよね。

ただし、この中で、私達でいう認印的な役割を果たすものがあります。
認印と言えば、玄関に置いてあったりするあの印鑑です。
その印鑑とは、角印となります。これはちょっと意外ですよね。
角印は、会社代表印と違って、法務局に登録していない場合がほとんどです。

実際の使用に関しても、会社代表印まで必要とされていない場合に使用したりします。
企業する上で、必要なツールの1つに印鑑があります。
会社においては、以下の3種類の法人印が必要となります。

代表者印・・・会社登録の際に法務局に登録します。
いわば、会社における実印となります。
実務的には、登記登録や各契約書への捺印へ使用します。

銀行印・・・銀行とのやりとりにて、使用する印鑑となります。
形状は、代表者印とよく似ており、兼用する場合がありますが、個人の場合と同じで防犯上は分ける場合が多いです。

会社印・・・別名『角印』とも言われます。
使用用途としては、請求書や領収書等への捺印に使用します。

これらの法人印は、会社運営していく上で、必要となりますので、企業時に準備が必要となります。

起業する際に、必要なツールの中で、意外と忘れがちなのが、印鑑ではないでしょうか。

事務所や人の手配は、無いとすぐに困るものですが、印鑑については、様々な登録の際に、あると思っていたら、実は無かったというパターンが多いです。

特に、会社で必要な印鑑は、法人印、角印、銀行印となりますので、起業の際に新規に作成する事が必要となります。
これらの印鑑は、通常の個人印を作成するより、時間を要しますので、注意が必要です。

また、これらの印鑑は、社内はもちろんの事、得意先や協力会社等の目に触れますので、会社の顔となります。

書体は、もちろんですが、デザインにおいても、御自身の納得できる1本を探しましょう。

基本ツール

| コメント(0) | トラックバック(0)
起業する上での基本ツール。
それは、ハンコではないでしょうか。
まず、借りる事務所の契約書。
納品した際の、納品書へのハンコ。
毎月の勘定時のハンコ等、多くの場面で活躍します。

そんなハンコの中でも、『法人印』は起業した方にとって、とても長い付き合いとなります。
まず始めに、印鑑証明を行う際に、法人印を使用するのですが、個人でいえば『実印』となるのですから、それからの様々な所で活躍します。

今の世の中、ハンコ一つとっても、印材、書体等において種類が様々あります。
インターネット等で検索すれば、それらを選ぶ事も可能ですので、納得する一本を選んでみてはいかがですか。

会社設立には法人印と代表取締役の個人の実印が必ず必要になります。

そして、これらの印鑑は法律で大きさが決められていますから、ハンコ屋さんには法人印や実印にすることを明らかにするべきです。

また、法人印は会社の代表取締役としてのものですが、既成の丸い印鑑も売っていますから、わざわざ作らなくても良いのです。

また、実印も法人印も大きさの規定内であれば四角でも丸型でも構いません。
ですから、区別しやすいように実印は丸型で法人印は角形にするなどの方法もあります。

印鑑には丸型でなければならないと言う規定はありません。

新規起業を考えている人が、その支援を仰ぐ為に
補助金申請を考えているとします。
その人が揃えなければならないツールというのは、
どんなものがあるでしょうか。

まず、どんな補助金であっても基本となるのは事業計画です。
どんな会社設立にも目的は必要になりますが、
何らかの起業支援を受ける際には「この事業を始めるにあたって、
どんな絵を描いているのか」という点は非常に重要になります。

具体的には事業計画書という書類に計画の詳細を述べるわけですが、
これに説得力がなければ支援を受けることはできません。
この時点でつまづいているようでは、その後の事業でも
人を説得できないと考えて、心して取り組みましょう。

流行のSOHO会社

| コメント(0) | トラックバック(0)
会社の規模は社長兼何でも屋の一人会社から、果ては何万人、
何十万人の社員が居る大会社まで様々です。

ところで、大企業と呼ばれるのは従来は資本金が1億円以上の規模の会社ですから、
従業員が大勢いても資本金が少なければ大企業ではありません。

そして、今はSOHOもかなり増えているようです。
SOHOはその名の通り小さな事務所や自宅事務所で仕事をしている
会社なり個人事業ですが、SOHOでも株式会社を名乗っています。

つまり、今や会社の規模はあまり問題ではなくなってきているのです。
事務所が小さくても会社設立し大きな仕事をこなしている会社も
少なくありませんから、要はいかに上手に仕事をこなすかでしょう。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261